2017年1月あたり

だいぶ長い間ブログの更新をしていませんでした(すいません、サボリですw)。

その間いろいろありましたが、考案した料理の中でなんといっても自信作はこの『名物!加賀蓮根の「はす蒸し」』(950円)です。

hasumushi

普通はす蒸しというとあんかけになっているのですが、あえてあんかけにしないところから再構築してみました。
加賀蓮根特有の粘りと甘味がより活かされた仕様となっております。
ご来店の際にはぜひお試しいただきたいと思い、あえて『名物!』とさせていただいております。

加賀蓮根といえばシャキシャキしてないのが特徴ですが、まさにそのモソモソ感が素晴らしい『加賀蓮根の和風ピクルス』(300円)もできました。

renkonpicles

酢に漬けるとモソモソするのかなぁ。これはおもしろくて美味しいです。

冬の酢の物といえばナマコ酢(500円)。

namakosu

そして白子酢!(750円)

shirakosu

今シーズンも【白子まつり】全力でやってます!

今シーズンから始めた『白子アラビアータ』(1000円)は白子とトマトってこんなに合うんだ!!と驚くこと請け合い。

arabiata

アラビアータソース作りはかなり極めていますので他のアラビアータメニューもお楽しみに。

『白子のチーズポワレ』(1100円)は昨シーズンから持ち越し。

cheespoware

カリッと焼けたチーズの衣とふんわり蒸し焼きになった白子のコントラストがたまりません。

『白子雑炊』(900円)もいかがですか?

shirakozouasui

白子がほのかに溶け出したダシとお米からものすごい旨みが発生します。
お帰り前にこういうのであったまって行くのもいいですね。

ちなみにこの白子カレードリア(900円)はメニューに載っていません。

shirakocareedoria

が、言っていただけば作ります。
正直ちょっと内緒にしたいぐらい美味いです。

よく似たやつに『ハラペーニョピクルスとベーコンのグラタン』(800円)というのがあります。

harapenyo

これは辛さと香ばしさのコンビネーションが最高なグラタンです。
大人向けですね。

さて、みなさん焼き鳥は大好きですよね?

yakitorishio

当店ではシェアしやすいようにあらかじめ串を抜いた焼き鳥(若鶏もも肉)を焼いています。
ってゆうか、串焼きした後串だけ抜いて盛り付けます。

yakitoritare

味付けは塩(柚子胡椒添え)とタレ(各750円)。

「やっぱ飲みに出たら焼き鳥も食べたいよ~」と思うのが普通だと思います(笑)。
当店は、「今日は焼き鳥屋さんじゃないとこで呑もう」と思ったのにやはり焼き鳥も食べたくなってしまうみなさんにはバッチリな居酒屋です。

さてお肉を食べたら野菜も食べてバランスを取りたい、そんな時にサラダもいいですが、こちら『いろんな野菜の茹でポン酢』はヘルシーです。

yudeyasaiponz

当店オリジナルのポン酢も美味いとご好評いただいています。

この時期【能登牡蠣まつり】もやっていまして、数あるカキまつりメニューの中でも今年新たに加わったのがこれ、『一杯のカキ蕎麦』(800円)です。

kakisoba

有馬煮にした能登牡蠣と長野から取り寄せている歯切れのよい蕎麦を使います。
カキの滋味がしみ出した山椒の香り高い熱いお蕎麦です。三人で分け合うとしみじみすると思います。

その牡蠣の有馬煮は前菜の一品としてもじゅうぶんいけるアイテムです。

hirunomiset

『昼飲みセット』は、サラダ付きの前菜プレートと500円までのアルコールドリンクがセットで1000円、土日祝のランチタイム限定です。

ランチタイム限定といえばこの『鴨じぶ丼』も人気があります(漬物味噌汁付き1100円)。

kamojibudon

金沢名物鴨のじぶ煮を丼にしました。

ついでにこちらもランチタイム限定『豚ロースの西京焼き丼』です(漬物味噌汁付き1100円)。

saikyoudon

丼以外のランチは、ご飯、味噌汁、お漬物の3点で300円のご飯セットA、

300

それに小鉢が付くご飯セットB(400円)があり、

400

オカズ(メインディッシュ)を夜の単品メニューからどれでも何品でも選んでいただくシステムです。

例えば鴨のじぶ煮(800円)とご飯セットAなら1100円です。

ご飯セットが不要な方はなにかしらドリンクを別途ご注文下さい。

というわけで、昼も夜もご愛顧いただけたら幸いです。
ご来店おまちしております!!!

 
 
 
 

10月の料理などまとめ

10月から【カキまつり】始まっています。
風味豊かな能登牡蠣を使ったカキ料理の数々。

kakiguratan

カキグラタンの他、カキの天ぷら、カキのソテー、カキの松前焼き、カキのアヒージョ、カキのトマトおじやなどがあります。
どれも自信を持っておすすめしています。

 
*****

同時に【白子まつり】も開催中。

shirakoguratan

白子グラタン、

shirakoten

白子の天ぷら、

shirakopoware

白子のポワレ、

shirakoankake

蒸した白子のあんかけなどがございます。

あ、ちなみに白子のアヒージョは絶品です!

*****

アヒージョは絶品などとあおってはいますが当店、基本は和食の店です。

taiaradaki

鯛のあら炊きはいつもあるわけではないですが、そして自分で言うのもなんですが、これはうまい。

もし黒板に【鯛のあら炊き 700円】などと書いてあったら迷うことなくご注文下さい。

****

魚の煮物といえば、これは短命に終わりましたが

burinokakuni

【ブリの角煮】というのもありました。
ブタの角煮のパロディーですが、とても美味しかったので近々復活もアリですね。
冬の定番【ブリ大根】の代わりにブリの角煮でもいいかな~というぐらいの美味しさでした。

******

和食の定番、【鰆の西京焼き】。

sawara

味噌と魚のマリアージュ。
いまさらなにをかいわんやのド定番ですな。

****

家庭料理のド定番、【キンピラごぼう】。

kinpira

お母さんが作るのとどっちが美味いか勝負だ!!

****

やっぱ秋冬は煮物ですね~。

これはランチタイムのみの限定メニュー【鴨治部丼】。

kamojibudon

観光客のみならず、地元の方からも多数ご注文いただきます。

*******

そしてこれは最新作【にゅるにゅるにゅうめん】。

nyurunyuru

にゅるにゅるにゅうめんというネーミングありきで始まった料理です。
約半日に及ぶ調査、研究、試作の結果、熱々で意外にコクがあり〆の満足感あふれる一品となりました。

寒風ふきすさぶ夜の帰り道に出る前に、ぜひこの一杯でじゅうぶん温まってからお帰り下さい。

******

店内の装飾に手編みのシーラカンスを導入いたしました。

sirakansu

とても素晴らしい作品です。
ぜひご鑑賞下さい。

さらに、わたし(もんよう店主)が作ったアザラシの焼き物も仲間入りしています。

azarashi

ろくなもんじゃないですが、どこにあるか探してみてください。

店内全域にくまなく楽しさが充満する居酒屋、金澤もんようです。

 
 
 
 

こぞくら復権

ブリの成長を気長に見守った昔のひとはその成長過程にそれぞれ名前をつけました。

ワカシ→イナダ→ワラサ→ブリとか、ツバス→ハマチ→メジロ→ブリなどですね。

金沢ではコゾクラ→フクラギ→ガンドウ→ブリ。

このコゾクラ~フクラギあたりの小さいのは夏の風物詩的に食されるのですが、どうにも身がパサパサで評判がよくありません。

味噌漬け背

それを今回当店で編み出した秘法を用いてしっとり柔らかな西京焼きに仕上げることができました。

味噌漬け腹

「いやこれはうまい」「こぞくらも捨てたもんじゃないね」等絶賛をいただきました。

定食

ふっくらこんがりジューシーなコゾクラの西京焼きは定食(土日祝の昼のみ)のおかずとなって売り切れました。

また来年の夏が楽しみです。

こぞくらより小さな小鮎は素焼きにして山椒の実をいれて炊きました。

おいしいよ。

小鮎

  

七夕な週末

土日の朝はお弁当作りから始まる。

飛び出る七夕弁当

 
どこが七夕かというと、ご飯の上に星型に抜いた野菜が散りばめられてるだけ、といえばそれだけのことだけどw。

7月6日の夜はもんよう始まって以来の“予約満席”。

土砂降りの中よく来てくれました。

大雨

7日は晴れてまずまずの天気。
しかし蒸し暑かった。

小泉新次郎氏の街頭演説があって香林坊付近はたいへんな大観衆だったそうですが、もんようはのんびりしたもんです。

飛び出てる~

お弁当は土日祝だけ2人前限定で作っています。
たいがい最初にご来店になったお2人で売り切れますので確実に食べたい方はご予約してください。

なお今度の3連休の土曜日はワイン会のためお弁当、ランチはお休みです。
14,15はやりますのでお楽しみに。

 
 
・・・おまけ・・・

限定といえば、すぐ売り切れる人気のパン屋さんの食パンをいただきました。

焼印

むちゃくちゃおいしい~!!
 
 
 

土、日、祝日のランチ

土、日、祝日は12時からランチ営業しています。

この日の日替わりランチ(税込み800円)はカレイのから揚げがメイン。
かなり大き目のスガレイ。揚げると抜群においしいカレイです。

カレイのから上げ

カレイの他にニンジンの煮物、野菜サラダ、味噌汁、ご飯、そして漬物がわりに子メロンの醤油漬け。

子メロンの醤油漬け

これはおいしいね!
漬けてしばらく経ってしまったのであんまりメロンの香りはしなくなっちゃったけど、なんだかおいしい。

子メロン

たぶん間引きメロンなんだと思う。またあったら仕入れてこよう。

さてカレイのから揚げは飛び出す3D弁当(税込み1000円)にも入れてみました。

カレイのお弁当

ご飯無しで、これをオカズに飲むのもアリです。

いろいろ入ってて楽しくてもちろんすごくおいしいよ。

1日に2組しか作れないので確実に食べてみたい方は事前にご連絡下さい。お取り置きしておきます。

エビ天弁当

土日祝の昼営業はランチやお弁当が売り切れた後もずっとやっています。

休日にまったり昼酒を飲んだり、ちょっとお茶しに来て下さいね!

昨日のランチ

雨が降ってた午前中、傘をさした看板。

看板

飛び出す3D弁当は最初の部屋に展示して販売。

この日は4個作りましたが、普通は2個です。

展示販売

お味噌汁付きでひとり前1000円です。

お取り置きできます!

弁当

普通の日替わりランチは800円。

普通のランチ

この日のメインは鱈と茄子の揚げだし。
小鉢に切り干し大根とサラダ。

毎週土日と祝日はランチから昼酒、カフェとずっと営業してます。

遊びに来てね!

飛び出すお弁当

蓋が閉まらないほどおかずが入った具が飛び出てる3D弁当を作ってみました。限定2個。

2個

中身はブリの幽庵焼き、鶏モモの西京焼き、鴨ロース、野菜あれこれ、和風中華クラゲ、ウインナーにチクワ炒めといったところ。

詳しく

 

味噌汁付きでおひとり前1000円です。

弁当セット

これはなかなかに作るが手間なので、心に余裕がないとできません。

作れそうな時はフェイスブック等でお知らせしますが、そんなわけでご予約はご勘弁ください。

なお、日替わりランチ800円とホリデーランチ1500円もご予約なしの売り切れ次第終了です。

昨日は12時15分で完売しました。
なぜかというと、観光のお客さんが早い時間帯に連なって入ってきたりしたからです。

ランチタイムイは12時からなのですが、なぜかそれ以前に入店されるお客さんも多いです(笑)。

どうぞよろしくご了承ください。

店主

(・・・「店主」だってw)

  

にせハントン

金沢の郷土料理というか、B級グルメというか、なんかそんなジャンルの料理にハントライスというのがあります。

これはオムライスの上にエビや魚のフライを乗せた食べ物で、金沢の洋食屋さんならどこでも置いてあるメジャーな料理ですが、これの和風バージョンをランチに出そうと考えてるわけです。

で、これは試作第2号。

ニセハントン

ご飯の上にほうれん草入りの薄焼き玉子、片栗粉のあんをたっぷりかけて、大胆にもカレイの姿揚げをトッピング、ちょっと濃い目のアクセントソースを垂らした1品。

土日のお昼ご飯にいかがですか?