GW頃の料理

ま、春巻きですね。
なんというか今やはり春巻きでしょう。

harumaki1

サクッとカリッと歯に当たり、気持ちよくぐんにゃりする揚げ春巻き。
何を巻いたらおいしいか、手当たり次第にテストテスト。

生き残ったのは・・・

1、生麩の春巻き。

harumaki3

生麩は加賀料理の代表的な素材だし、もっちりおいしいし大成功。
 

2、ホタルイカクリーム春巻き。

harumaki2

これはカニクリームコロッケみたいな感じでホタルイカクリーム春巻き。
変においしいと評判です。

3は梅しそチーズ春巻き。
サンプル画像がないのは予想通りの美味しさだから。

***************

あるとき行ったお店で見なれないメニューを見つけた。

“~のオープンオムレツ”

オープンオムレツってなに?
百聞は一見にしかず。頼んでみると出てきましたオープンオムレツ。
これはいけるぞしめしめw。

というわけでさっそく

1、シラスのオープンオムレツ。

open2

そして

2、スパイシーオープンオムレツ・ミート。

open1

いい感じのおつまみです。

*****************

うちは何屋だ?

相変わらず絶好調、タコのアヒージョ。

takoaghi

いや、うちは新旧加賀料理の店だ!

フカシと蛤のおすまし。

suimono

フカシってご存知?
食感はカマボコとハンペンの間、紅白の魚肉練り製品で金沢のローカルフードです。

*************

ヒラマサのカマ(頭付き)の塩焼き。

hiramasa

 ************

ツナピコってあるじゃん、あれっぽくしてみたくてマグロとクルミの佃煮。

magurokurumi

定番、揚げた魚と野菜のあんかけ。

ankake

さて料理は出揃った。

飲み物はどうする。

nama

暑くなってきたので生ビールはいかがですか?

当店はたっぷり大きめのタンブラーで1杯500円!

ご来店おまちしております。

 
 

 

2016年、1~2月のことなど

今度の6月で金澤もんよう創立3周年を迎えるにあたってお店のあれこれを微調整しようと思っています。

まず手始めに『和・小皿料理と酒』というサブタイトルを変更。

新旧縦web

もんよう開店当初は“タパス”という単語や形態が流行っていたので、それを和風に置き換え“和・小皿料理”としましたが、どうにも僕は大きな皿に盛り付けるのが好きなようで、いまや小皿料理なんかちょびっとしかありません。

また、お客さんは地元の方と観光さんがおよそ半々ぐらいということがわかったので、そのどちらにもアピールするサブタイトル、『新旧加賀料理』というのが候補に上がっています。
どんなもんでしょうねぇ?何かいいアイデアを思いついた方はご連絡下さい。

というわけでまずは新加賀料理第一弾、『加賀蓮根とエビのミルフィーユサラダ』。

renkon

生麩も重ねて加賀料理らしさをアピールしています。

 

そして『鴨の治部煮・カレー味』。

jibukaree

言わずと知れた加賀料理の代表作、鴨の治部煮を素材そのままカレー味に。
和風だしとカレー風味が絶妙にマッチするのはカレーうどんが好きな方なら先刻ご承知のこととと思いますが、予想以上においしく仕上がっていますのでぜひお試し下さい。

 

新・加賀料理というほどではありませんが、加賀蓮根を使ったグラタンもあります。

guratan

加賀蓮根はシャキシャキしていないのが特徴ですのでモサモサとお召し上がりください。

 

さてでは旧・加賀料理とは何か、といいますと伝統的にこのあたりで食べられている昔ながらの料理のことで、鱈の子付けなどは冬の名物でございますね。

koduke

鱈の身に鱈の子のほぐして炒りつけたものをまぶして食べるお刺身で、なかなかにおつなもんです。
 

鱈の身はお刺身に、では頭やアラは?

tarakamaage

はい、釜揚げポン酢でいかがでしょう?
釜揚げポン酢は昨年暮れぐらいからもんようの名物ジャンルとなっております。

茹でたお湯ごと熱々でお出しする料理です。

shirakokamaage

白子や牡蠣の旨み、甘みをダイレクトに味わえる料理ですね。
もちろんポン酢は自家製です。

 

新しい器を仕入れたので使いまくっています。
ほらどうみても小皿料理じゃないんですよ。

写真は白子酢とナマコ酢。

shirakonamako

ナマコといえばコノワタ。
コノワタはナマコのハラワタです。

konowatajiru

コノワタをお吸い物にしてみました。
なんというか、これはまさに珍汁ですね。

 

あんかけという調理形態がとても好きなので(鍋洗うのは面倒なんですが・・・)、何かしらあんかけ仕事を。

ankake

というわけで揚げた野菜の甘酢あんかけ。
美味しいですよ。

 

生野菜はサラダで。

namahamusalad

生ハムとゴルゴンゾーラチーズのサラダ。
これはワインがすすみますね。
 

そうだ、加賀料理の素材と言えばノドグロを忘れるわけにはいきません。

nodoguro1

よそにノドグロ丼の専門店もオープンして大人気だそうですが、それなんかまさに新加賀料理ですね。

nodoguro2

塩焼きばかりでは芸がないのでうちでもやろうかなw。

 

まあそんな新旧加賀料理やその他の料理によくあうお酒、微発砲の新酒はいかがでしょう?

awa

これは能登の『竹葉』というブランドのお酒で、“活性にごり酒”ですって。
瓶の中で二次醗酵してるそうですが、ちょっとシュワっとかピリっとかいたします。

 
********
 

もんよう店主作のチンアナゴオブジェに九谷、吉田屋風のデザインが登場しています。

kutani

これはなかなかに好評で、売れ行きもいいです。
1本500円で販売しております。

orechin

製作中に折れたチンアナゴもせっかくなのでいっしょに焼いてみました。
こんなもんでも数があるとそれなり意味ありげに見えるもんで、いままで庭に撒いて土に還していたのでもったいなかったなぁ。
 
******
2月の始めに地元のテレビにでました。

tv

金沢のサワを澤の字にするのは何でだ?という謎に迫るドキュメンタリーです。
うちの場合は「まだ出来て日の浅い店ですが、金沢の長い伝統を背負った和食を作ってるぞ、というアピールです」というようなことをしゃべりました。

 

****

えー、まあそのー、あんまり言いたくないですがこないだ50歳になっちゃいました。

masuzushi

もう年寄りだよ~じいさんだ~~~。
 

 
 
 

11月、12月のあれこれまとめ

11月6日に蟹解禁です。
当店では石川県産のズワイガニのメス、香箱(コウバコ)蟹を販売しています。
食べやすく盛り付けてありますよ~。

koubako

わりと知られていませんが、同じ日にナマコ漁も解禁です。

namakosu

コリコリの能登のナマコも召し上がれ。

***

最近『釜あげポン酢』というジャンルを作りました。
これは丸亀製麺の釜あげうどんからの発想ですがw、茹で湯と供に熱々を提供できるのが冬にぴったりだと思うんです。

sirakokamaage

しかもこの手法だと、素材の旨み、甘みが増大して味わえます。

kakikamaage

白子の釜あげポン酢、能登牡蠣の釜あげポン酢に加えて、

kamaageyasai

野菜の釜あげポン酢もございます。
冬の野菜の甘みをご堪能いただけます。

***

野菜といえば、アボカドを何かにできないかといろいろ試作した結果、

abokado

『アボカドのネギ味噌焼き』という料理をリリースしましたが、これは短命に終わりました。
アボカドの選定や保存がなかなかに難しく、ちょっとめんどうになってしまいました。

同じような料理に『白子のグリル』がございます。

shirakoguriru

タラの白子をノンオイルで焼き上げ、自家製柚子胡椒で召し上がっていただきます。
見た目も味も食感もたこ焼きみたいですがおいしいです。

たこ焼きと言えばお好み焼き。

okonomiyaki

最近『お好み焼きのようなもの』をメニューに載せています。
これはほとんどお好み焼きと言ってもいいとは思いますが、お好み焼き一本で勝負しているお店、お好み焼き職人のみなさんに敬意をこめて『のようなもの』としております。

***

今なんと言っても安価に安定供給されているのがカマス。

これは使わない手はないでしょう。

kamasupoware

カマスのポワレはおいしくてボリュームもあり、ご満足いただけるはずです。

kamasuishiru

カマスのイシル(能登の魚醤)焼きも豪華2本付け!
こちらはランチタイムのみの提供です。

ランチタイム限定と言えば、

butasaikyoudon

『ブタロースの西京焼き丼』。
ブタロースの西京焼きをただご飯に乗せただけという安直な発想ですが、これがなかなかに美味い。
丼物の豪快さは脳にいい刺激を与えますね。

***
グラタンも脳を直撃します。

karechikiguratan

『カレーチキングラタン』はピリッと辛くてハイボールにとても合うんじゃないですか?

megajocki

ハイボールブームはまだ続いています。
当店の普通のグラス(500円)の倍入って800円というお得なメガジョッキを導入いたしました!

twinalps

さらにあまり知られていない国産メーカーのウイスキーもラインナップに加わっています。
この時期にどうぞゴクゴク飲んでください。

***

ワインも忘れてはいけません。

最近ワインに超合うおつまみを考案しました。

トマトペースト

トマトペーストです。

トマトピューレを煮詰めたもので、これがワインに合うんだわ。
日本酒にはへしこ、ワインにはトマトペースト、お腹ふくれたけど飲み足りないって時のベストアイテムです。

パンおかわり

ちなみにこのトマトぺーストやアヒージョ各種、鶏の酒かすトマトシチューなどのパンのおかわり承っております。
お気軽にお申し付け下さい。

***

当店はお酒を飲めない、飲まない方ももちろん歓迎しております。

ノンアル

そんな方用にあまり甘くないノンアルスパークリングワイン、ノンアルグレープフルーツチューハイ、

甘酒

とっても甘い米麹甘酒などを導入いたしました。
たくさん飲んでってください。

さて忘年会、いかがですか?
年内24日以外全て営業しております。

ご予約おまちしております!

 
 
 

朝掘り☆たけのこ祭り

寒かった冬も終わり季節はどんどん春へ。
春といえばタケノコです。
他にもいろいろあるけど、今日のところはタケノコです。

ni

まずはオーソドックスに昆布と煮てみましょう。

ten

そしてシンプルに天ぷらも。

sote

ちょっとひねってソテー。

このタケノコのソテーが実は絶品です。
タケノコのおせんべいみたい。
ぜひ食べてみていただきたい料理です。

mentaimayo

牡蠣でも白子でも好評だった明太マヨ焼きをタケノコでも。
うちのは明太マヨがおいしいから何にでも合うのではないかと思っています。

guraten

定番のグラタンはエビも入れてみました。
これも歴代のグラタンの中でもトップクラスの美味しさとなっております。

yanagawa

牛スネの煮込みとタケノコの柳川風。
なんだか最近こういうジジクサイ料理が食べたくて。。。。。

msatsuri

タケノコはもうちょっとするとご家庭でもたくさん食べなきゃならなくなり、あっという間に飽きられてしまうので今のうちに祭りにしとかなきゃ。

takikomi

1合ずつ炊く【タケノコご飯】はシークレットメニュー。
ヒマな時だけ作ります。

******

さて今わたしのマイブームは、なんといってもカクテルです。
カクテル、と言うと漠然としていますね。

はっきり言いましょう、ずばり「シェーカー振り」にはまっています!w

qacktail

男なら誰もが一度は通る道、シェーカー振り。

grasshopper

大好きなグラスホッパーが自分で作れるようになりました。
しかも飲みたい限り何杯でも(笑)。

(これさ~、バーへ行くと800円ぐらいして、しかも一瞬で飲み終わるからね~w)

シェーカーで作るカクテルが出来るとは店内のどこにも掲示してないので、飲みたい方はこっそり希望を伝えてください。今のところ500円均一です(腕前が上がったら値上げしますwwww)。
カクテル素材の種類に限りがあるので作れるものしか作れませんが、できるものならなんでも喜んで作りますぞ!!

 
 
 
 

夏のワイン会!at 金澤もんよう

【告知】

8月24日の日曜日に6回目となるワイン会を催します。

ワイン

会費4000円(前回までより1000円upでワインの品揃えがワンランク上っています!)で90分ワイン(赤、白、泡数種類)飲み放題、例によってもんようのワイン会むけ特製料理付き。
前回まではもんようの名前を広く知っていただくため、まだ来たことのないお友達を誘って参加するのが条件でしたが、今回からは純粋にもんようでのワイン会を楽しんでいただく会となりますので、何度目の参加でも大歓迎です!

1、12:00〜13:30
2、14:00〜15:30
3、16:00〜17:30

どの会にしますか?
早めに終わって明日の仕事に備えるか、もう開き直って夜までとことんやるかw。
ご予約お待ちしております。
なお、ご予約は必ずお電話でお願いいたします。
FBで「いいね」しただけではダメですよ〜。
DMやメールもトラブルがおきるので、ご面倒でも必ずお電話でお願いいたします。
電話番号は

076-263-7666

です。よろしくお願いいたします。

第4回・金澤もんようワイン会

今回は『真冬』がテーマです。

真冬なので熱く濃厚に。

ワイングラス

どちらかというと赤ワイン重視ですが、前菜はスパークリング、もしくは白で。

前菜

重め、渋めのチョイス。

ワイン表

料理もかなり“洋”に振ってみました。

エスカルゴ風

会費は90分飲み放題、料理付きで3000円。

お口に合うワインはありましたか?

ワイン

今回のメインディッシュ、エゾ鹿のソテー。

エゾ鹿って食べたことありますか?

どんな感じだと思いますか?

もんようのレギュラーメニューとなっておりますので、いつでも食べにきてください。

エゾ鹿 - コピー

今回も〆のご飯ものが代絶賛でした。

雑炊

イシルで炊き込みにしたご飯をチャーハンにしてから雑炊。
パクチーを乗せてラー油をひと垂らし。
ちょっとエスニックです。

次回のワイン会は3月下旬の予定です。
詳しくはホームページ、facebook等でのアナウンスをお待ち下さい。

またご予約はすでに受け付けております。
最近ではどうもこのイベントはなかなか人気なようで、日も時間も決まってないのにご予約が入っています。

もし参加ご希望のかたはお早めにご連絡下さい。

(第一回日本酒会は完売いたしました。第二回をお楽しみに!)

 
 
 
 

満員御礼☆せせらぎ祭り

10月6日はよく晴れて(30度超えたらしい。暑かった!)、とても楽しいお祭りとなりました。

お祭り

金澤もんようブースは店の前にテントを張って開店。

定番『サバのスモーク』に姉妹品『能登ブリのスモーク』、人気商品『イチジクのマリネ』、『キノコとアボカドのワサビあえ』などを販売。

売り子を兼ねてゆうさんが“らとぅー”の商品も販売。

売り物

さらにチンアナゴなど僕の作品や、娘のマクロビ的スイーツも販売。

たくさん買っていただけたようでまことにありがとうございます。

チンアナゴ

ぼくも売り場をひとまわりして、気に入ったものをゲット。

sklo

いつもは西洋アンティークのお店が直輸入食器を売っていたので蛸の吸盤柄のマグカップを2個購入。

普通に飲み物を飲むだけじゃつまらない。

チャイ

くどくどしい敷き皿でさらにあおって『栗と秋鮭のタルタルサラダ』を盛り付けてみる。

栗タル

お~、これは絵になる!

調子に乗ってブリのお刺身。

ブリ刺し

カップの中には氷が入っているのでいつまでも冷たくてグッド!

さらに・・・

ハタハタカクテル

ハタハタのお刺身(笑)。

これはウケたね。いや、よくよく評価を聞いてみるとウケとブーイング半々ですか。

そりゃそうでしょう、こんなふうにお刺身でてきたら普通はちょっとねw。

シュリンプカクテルが受け入れられてるんだからこのハタハタカクテル(器は氷で冷たいのでハタハタも冷たくておいしいはず!)も認知されてしかるべきとは思いますが、

カウンターで

友達に出すだけにしておきます。

みなさん、お祭りお疲れ様でした!!!

 
 
 

日本酒ラインナップ

なんだかんだ言って11種類もあります。

ドリンクメニュー↓

hp用ドリンク500

1合400円の本醸造、500円の純米酒から、

純米

1000円までの吟醸酒、

徳三郎

1500円のスーパー銘酒まで。

飲み比べてみてね。