2018年5月前後のあれこれ

『タコまつり』、『夏野菜まつり』が始まっています。

夏の魚って、鮎とかハモ。
でもこれってもんようではいまいち使いづらいんですよね。

それで今年はタコです。

能登では意外に美味しいタコがたくさんとれるのです。

タコの天ぷらや、生ダコの胡麻ポン酢、

アンチョビガーリック炒め、

トマト味でピリ辛のアラビアータ、

〆にたこ焼きそばまで用意してみました!

ちなみに『たこ焼きそば』はたこ焼き入りの焼きそばではありませんのでご注意下さい。

そして恒例の『夏野菜まつり』は今年もやってます。

ゴーヤ、ナス、ズッキーニ、オクラ、トウモロコシなどなどなど。。。

これらの夏野菜をいろいろにアレンジ。

毎日が食のおまつり!!

夏の加賀野菜といえば筆頭の金時草(きんじそう)。
これを刻み込んだ出し巻き風オムレツもグランドメニューに仲間入り。

豆腐メニューもいくつか増えました。

四川風麻ラー豆腐炒めは痺れますよ。

あとアナゴ。

アナゴの照り焼きと白焼きのセット『二色焼き』もございます。

ぜひお試し下さい。

もんようで飲みながら陶芸する『飲み陶芸』、参加者随時募集中です。
人数が増えたら月に2度でも3度でもやれますのでぜひお気軽にご相談ください。

 
 
 
 

『飲み陶芸』

『飲み陶芸』

★『飲み陶芸』とは、金澤もんようで飲み食いしながら陶芸作品を作る催しです。
ほぼ月いちで陶芸の先生が粘土と電動ろくろをもってきてくれて、
店内で陶芸教室を開きます。

制作費は1個1500円、2個目からは500円です。
2個作ると2000円、4個なら3000円ですね。

ろくろでも手びねりでもOKです。
先生が丁寧に教えてくれます。

粘土をこねたり(菊練り)、高台の削り出しや

カップの取っ手付けなど面倒なところは先生がやってくれます。

もちろん自分でやってもいいです。

この陶芸教室の一番の特徴は、『飲み』ながらやるというところ。

制作費の他に参加費として金澤もんようでのご飲食代が適宜必要です。

仕事帰り、あるいは日曜の午後などに一杯飲みながら陶芸しに来てください。

飲みながら陶芸するって予想以上に楽しいですよ!

飲んだらわけわかんなくなっちゃうので陶芸してから飲む、というのもアリです(笑)。

自分の作品でお酒を飲んだり、場合によっては料理を盛りつけたりいたします。

出来上がった作品は先生が持ち帰り、
工房で乾燥、指定の釉薬をかけて焼き上げ、
また次回の飲み陶芸の時にお渡しします。

参加者が増えたら月2回、3回と開催します。

大人の楽しみ、『飲み陶芸』。

ぜひ一度体験してみて下さい。

ご予約、お問い合わせは

076-263-7666

までお気軽にどうぞ。

お待ちしております。