Author Archive

『飲み陶芸』

飲み陶芸は金澤もんように陶芸の先生が粘土と電動ろくろを持ってきてくれて、飲み食いしながら行う陶芸教室。

先日は初めて平日の午後6時から開催。

仕事帰りに居酒屋へ寄ったら陶芸もできた!
ってノリで気軽に楽しめますよ。

今のところ月に1度ですが、参加者が増えるようなら2度3度とやってもいいですね。
体験してみたい方はぜひ一度ご来店の上ご相談ください!

 
 
 

2018年1、2月あたりのあれこれ

2017年の年末ごろからやっていたのは『かに面蒸し』。

これは金沢おでんでもっとも珍重される『かに面』(メス蟹の子や身をほぐして面に詰めておでんにしたもの)を、蒸し物にアレンジしたものです。
なかなかご好評いただきました。

【白子まつり】も好評でたくさんのご来店ありがとうございます。

白子料理で今シーズン一番最後にメニュー化されたのが、

『白子とゴルゴンゾーラチーズの焼き春巻き』。
皮はパリパリ中身は濃厚トロリ。くせのある匂いもたまりません。

この“焼き春巻き”というフォーマットは我ながらなかなかの思いつきで、想像以上に食感がおもしろく、手づかみで食べるスナック感も楽しいのでこれからバリエーションを増やしてゆく予定です。

白子まつりに使う白子ですが、白子だけパックで売っているやつにはろくなものがありません。
新鮮なものはやはり鱈本体から取り出したものです。
なので市場では鱈を丸ごと仕入れます。
よく焼肉屋さんなどで牛の1頭買い、とか言いますがこちらは鱈の1尾買いですね(牛と比べるとスケールも値段もだいぶ低いですが)。

すると当然本来は特に必要としていない鱈の頭も付いてきます。
捨てちゃあもったいないのでカレー煮などにして販売します。
これがまた絶品!
もし黒板に『鱈の頭のカレー煮』などと書いてあったら問答無用でご注文下さい。
どうせおまけに付いて来たみたいな鱈の頭、安いです。しかしべらぼうに美味いです。

と、あおってはみましたがもう今シーズンの白子まつりは終了です
また11月頃の再開をお待ち下さい。

白子と入れ替わるように市場に出回るのが日本海の宝石、ホタルイカです。

今シーズンはいよいよ『ホタルイカの天ぷら』をやります。

いよいよというのは、これまでホタルイカを揚げるとたまに爆発して危険だったからなんですが、最近ネットで見てニトリの必殺“油跳ね防止ネット”を導入したのでやってみる気になりました。

天ぷらといえば、『芽キャベツの天ぷら』も好評でした。

甘さとほろ苦さが実にいい具合です。
甘さとほろ苦さと言えば山菜です。
山菜の天ぷらがそろそろ恋しくなってきました。
もうしばらくお待ち下さい。

関係ないですが『焼き長芋』始めました。

これはただ焼いて醤油ぶっかけて食べていただく実に素朴な料理です。
が、あなどれぬ美味しさですね。

なんでこのようなメニューがいきなり出てきたかと申しますと、ある時無性に『とろろご飯』が食べたくなったからなのです。

堪能いたしました。

そしてその余りを『焼き長芋』に(笑)。

ところで【牡蠣まつり】はいまだ継続中です。
能登牡蠣はゴールデンウイーク前ぐらいまでどんどん出荷されます。
これからものすごく大きくなってバカうまですよ。

最近抜群になんでも四川風になるなんとか醤(ジャン)みたいな香辛料というか調味料を入手したのでガンガンテリトリーを広げている“四川風料理”。
今のところ、カキ、豆腐、ホタルイカのそれぞれ四川風炒めがメニューに載っております。
山椒の効いた辛い料理を身体(脳?)が求めたら、ぜひご注文下さい。

いやはやしかし2018年2月、悲惨な冬でした。

こんなに雪に降られたのは初めてです。
雪かきと交通マヒでとことん疲労しましたね。

そんな中縁あって石川のローカルテレビに出演しました。

料理人としてではなく、ディジュリドゥ奏者として(笑)。

とはいえほぼディジュリドゥを吹いてたのは森川さんでぼくはしゃべくり担当でした。
今年はもっと練習しようと思っています。

さて、寒い冬もようやく終わりかけ、これから春に向かいますね。

美味しい料理としゃれた酒、たくさんご用意してみなさんのご来店をお待ちしております!!

★歓送迎会のご予約もどしどしお寄せください。

 
 
 
 

白子祭り2017-18シーズン

さあ2018年、今年も

『白子祭り』やってます!
白子祭りは鱈の白子をいろいろに調理してお出しする毎年恒例の期間限定メニューです。

*******
●白子酢

生の白子を自家製ポン酢で。

*******

●白子とモツァレラとヘシコのカプレーゼ

モツァレラと白子ってちょっと似てません?
これをオリーブオイルとバジルの香り、ヘシコ(魚の糠漬け)の塩気でいただきます。

*******

●白子の天ぷら

ド定番です。熱々を召し上がれ。

*******

●白子の茹でポン酢

さっぱりしたのや身体の暖まるのが食べたいという方におすすめです。

*******
●白子のグラタン

自家製のあっさりしたホワイトソースとベストマッチ、まったりと香ばしく。

*******

●白子のアンチョビガーリック炒め

ガーリックの香りにくすぐられつつアンチョビと白子の深さを味わいつくします。

*******

●白子の四川風炒め

辛い白子が食べたいというリクエストにお応えして。

*******

●白子のポワレ

フライパンの上でせかせかと動かさずじっくり焼くと香ばしい膜に包まれます。
レモンバター醤油のソースで。

*******

●白子雑炊

優しいけれど力強い旨味。
幸せな〆のご飯です。

********

白子好きにはたまらない『白子祭り』。
この時期にぜひあれこれ食べてみてください!

 
 
 
 

『飲み陶芸』スタート。10月、11月分。

『飲み陶芸』とは、金澤もんように陶芸の先生が道具一式持ち込んで陶芸体験を行い、粘土こねながらもんようの“お客さん”して帰るという催しです。

出張なんでも陶芸団in居酒屋~!ですw。

本格ろくろ体験できます。
手びねりももちろんOKです。

若き陶芸家、平井先生はやさしく丁寧、ほめて伸ばす系ですので素人でもすごく楽しいです。

1個1500円、2個目からは1個500円で何個でも時間の許す限り作れます。
これは普通の陶芸教室に比べたら格安ですね。

ただしその間に普通にもんようのお客さんしていっていただくのが条件です。

作った作品は先生が持ち帰り、やすりかけや高台の処理を行った後、釉薬をかけて焼き上げて、

次回の開催日に仕上がってきます。

自分で作った器で飲む酒や、盛り付けられた料理を食べるのははなかなかのものですよ!

これは私が作ったアンモナイト型の珍味入れ↓

いちどはまるとやめられない、地獄の月イチループにあなたもはまってみませんか?(笑)

12月はお休みして次回の開催は新年1月28日日曜日の昼2時からとなっております。

残念ながら今のところ参加者多数のため新規募集は行っていませんが気になる方はご連絡下さい。

11月参加の皆様は出来上がりを楽しみに新年をお迎え下さい。

 
 
 

2017.9月のあれこれ

新物の加賀蓮根が出始めました。
加賀蓮根の特徴はあまりシャキシャキではなくもっちり粘りが強いことです。

その特性を特にいかした、ってわけでもないですが、アンチョビガーリック炒め。

そして蓮根チャーハン。

どちらもいけます。
蓮根好きにはたまらない。

加賀蓮根の特性をフルにいかした『蓮蒸し』は冬のメニューです。
もうしばらくお待ち下さい。

*****************

能登の養殖牡蠣の出荷もスタートしました。
まだ小粒ですがおいしいですよ。

能登カキのソテーは今のところバター醤油のソースでお出ししていますが、ソースは思いつきで変わります。

カキの天ぷら。
カキフライはないのか?とよく言われますが。当店では油が汚れるのでやっておりません。あしからずご了承下さい。
やむなく天ぷらをご注文になった方からもこちらはご好評いただいておりますのでぜひお試し下さい。

カツレツ風に、【カキのパン粉焼き】というのはただ今試作中ですのでお楽しみに。

******************

当店のカキの天ぷらに添えてある黒いのは岩海苔のソースです。
これは我ながらなかなかよく出来ていると思います。
魚介系にとてもよく合います。

小さめのノドグロの天ぷらにもばっちりです。

**************

当店は主に和食系創作料理と加賀料理の店なのですが、お好み焼きと焼き鳥という必殺サイドメニューも用意しております。

軽くがっつり(←?)行きたい時にはお好み焼き、もう一品なんかないかなぁなんて時にはどんな酒にもあう焼き鳥をどうぞ。

*************
どんな酒にも、といえばこんな酒にも。

滋賀県の極小蔵、上原酒造の『不老泉』。
酵母添加一切無しのほんとの昔ながらの山廃作り。
木製の槽に天秤棒で加圧して搾り切る「木槽天秤しぼり」はとても珍しいそうです。
3年間熟成させた純米原酒は濃厚でキレがある。
おもしろい日本酒ないかな~と探してきました。

こってりした料理にあうそうです。
これからの季節にちょうどよさそうですのでぜひお試し下さい。

**************

関係ないですが、最近陶芸教室に通ってまして、教室と言っても菊練りから教わるような本格的なものではなく、「何でも好きなもの作っていいよ~、あとは先生が何とかするから」という軽いノリの教室で最高です!

僕はもっぱらトゲトゲシリーズを作っています。
トゲトゲの器なんて売ってませんからね。

こんな軽い陶芸教室をもんようでも行います。
興味のある方はご連絡下さい。

さらに10月9日はこのあたりを歩行者天国にして『せせらぎ縁結びまつり2017』というのが行われますが、その際にこの世にも珍しいトゲトゲ食器を販売いたしますのでぜひ遊びに来てください。
お待ちしております。

 
 
 

2017年7月頃のあれこれ

まずはお通しから。

最近はガラスの器で涼しげに。

楽しさと美味しさをオーダーした料理ができるまでのつなぎに。

「夏は肉だ~!」ってことで肉の新メニューは【チキンステーキ】。

カリッとジューシーに焼いて特製トマトソースで。

肉といえば、これはランチタイム限定の【牛ハラミの野菜炒め】。

牛ハラミって独特の食感でおいしいですよね。

新旧加賀料理の店としてはここらで新しい加賀料理を。
【加賀太きゅーりの蟹身あんかけ】。

昔ながらの味ですがなかなかに好評です。

*************

毎年七夕に一斉に売り出すのが恒例になってきた【夏のにごり酒】。
当店では今年はこの3種を40mlずつの飲み比べセットで販売しております。

おつまみには【ミョウガ味噌】などいかがでしょう?

「もっといいウイスキーないの~?」なんてお客さんの挑発に乗せられて仕入れた【ラガヴーリン】。
シングルモルトスコッチウイスキー。

正露丸の香り漂う飲みごたえのある逸品です。

ところで、

★お盆中(7月12~17、8月9~21)無休で営業いたします。
ご来店お待ちしております!!

******************

関係ないけど店主は目下ディジュリドゥに夢中です。

リクエストがあればお吹きします。
下手ですが(笑)。

 
 
 
 

2017年6月頃のあれこれ

ホタルイカも竹の子も山菜も終わってしまいいよいよ夏野菜の出番です。
今年ももんようでは地元の農家さんが作った夏野菜、加賀野菜を色々アレンジしてお出しします。

①夏野菜(加賀野菜含む)の辛子酢味噌あえ 550円

2夏野菜(加賀野菜含む)の茹でポン酢(温) 550円

③夏野菜(加賀野菜含む)のアンチョビガーリック炒め 600円

④ゴーヤと玉子のアンチョビガーリック炒め(ほぼゴーヤチャンプルー) 600円

⑤ズッキーニとベーコンのアンチョビガーリック炒め 600円

⑥夏野菜(加賀野菜含む)の天ぷら 700円

⑦夏野菜(加賀野菜含む)のグラタン 800円

⑧夏野菜(加賀野菜含む)とエビのピリ辛炒め 850円

⑨夏野菜(加賀野菜含む)チャーハンの柚子胡椒あんかけ(辛) 850円

今のとこ夏野菜(加賀野菜含む)の料理はこのようなメニューとなっております。

加賀野菜の加賀太キューリスティックは

400円。

************
夏野菜(加賀野菜含む)料理以外の新作、

【イカリング天ぷら】
フライではなく天ぷらです。700円。

それから

【ミックスナッツの歯ごたえチャーハン】
ナッツ好きにはたまりません。800円。

ごはんものをもうひとつ、

【冷たい海鮮そうめん】
これはかなりの自信作です。850円。

************

ドリンクはなんと言っても【スターウォーズハイボール】。

黒ひげ危機一髪ゲームのスターウォーズ版。
スターウォーズハイボール1杯ご注文ごとにライトセーバーを1本差し込めます。
みごとダースベイダーが飛び出たらその一杯は無料です。
1回450円。

********

夏の日本酒も入荷しています。

どちらも超さっぱり系、1杯70mlで500円です。

**********

すごいのはアイスクリームフロート。

プラス150円であらゆるドリンクにバニラアイスをトッピングできます。
デザート代わりにもどうぞ。

そんなわけでうまい料理と楽しいお酒、ご用意してます!

 
 
 
 

もんよう4周年記念パーティー

おかげさまでもんよう開店からまる4年が過ぎました。
お世話になってるお客さんを招いてパーティーをしました。
テーマは『肉』です!
パーティー料理は特製肉会席にしました。
 

まず前菜。
地物のイノシシ肉の冷しゃぶ、鴨のロースト。

次に恒例「悪酔い対策」なご飯もの。

生ハムとコンビーフのナムル風素麺。

蒸し物は鶏で。

西京漬けにした鶏と豆腐を蒸してパクチー。

そして今回一番のアイデア料理はこちら、

酢豚です。
柔らかく炊いた豚の角煮をカリッと揚げて、酢豚味に整えた野菜類をミキサーにかけてくらかけしました。

なかなかに好評でした。

そしていよいよ本日のメイン、炭火焼きです!

焼きはゆうさんにお任せ。

やっぱ炭火はすごいわ。
こんなごっつい牛ハラミがふっくらこんがり焼きあがって中はものすごいジューシー。

鮎も最高!
脂が落ちると煙が立って炭火焼きの香りが強く付くんだね。

貝なども焼いて楽しい~!
バーベキュー好きな人がたくさんいるわけがわかりました。

のんなわけで5年目に突入です。

いろいろおもしろい料理作りに励みますのでこれからもよろしくお願いいたします。

 
 
 

2017.5月頃のあれこれ

観光の方がたくさん来るのに市場が休みという最悪の期間が年3回あります。
年末年始、ゴールデンウイーク、お盆です。
この時期はわざわざ金沢へ来てくれた人に新鮮な魚も野菜も提供できません。
そろそろ漁師、農家、市場関係の方々も休みの時期を考えてみませんか?
ゴールデンウイークは働いて、梅雨の頃に休めばディズニーランドも並ばずに楽しめますよ!(うそw)

そんなわけで今年もゴールデンウイークはいつもどおり終了しました。
たくさんのお客様のご来店まことにありがとうございます!

さてそんな最近、当店は市場の都合に左右されないカテゴリー、『肉』メニューをこっそり充実させております。

ステーキはこれまで和牛にこだわっていましたが、なんだか最近はあんまり脂のない赤身の肉がいいのではという風潮になってまいりまして、特に等級や産地に関係なく1000円以内で販売できるような仕入れ状況になっております。
 

自家製チャーシューは開店当初より隠れた人気メニューで、応用範囲も広いのでずっと作り続けています。

牛とは逆に豚は脂が旨いのではないでしょうか。

わりと脂身多めのチャーシューを作っています。

最近は『肉そば』と称してこの自家製チャーシューを使ったお蕎麦をメニューに載せています。

『肉で覆われた冷たい肉そば』と、『肉で塞がれた温かい肉そば』の2種類です。
どちらも“そば”はラーメンではなく乾蕎麦を使用、850円。

野菜はそろそろ夏の加賀野菜がでてきますね。

加賀太キューリを昆布〆にしたり、今年もいろいろ楽しみです。

楽しみといえば、金沢21世紀美術館でやっている『池田学展』というのがとても楽しいです。

この中の絵を実物大で再現できるメモパッドというのがミュージアムショップで売っています。

10センチ四方のメモパッドを400枚、並べて貼っていくと『興亡史』という作品のレプリカが出来上がります。

これは楽しかったです。
会期中店の壁に貼っておく予定です。

唐突ですが、もんようの店先のプランターにミントが生い茂っています。

これはフレッシュなモヒートを作るしかありますまい!

夏の夜にピッタシですよ。

そういえば地ビールも入荷しています。

川北わくわくファームの『百万石ビール』。
一般的なペールエールと、地元産のお米を使ったコシヒカリエールの2種類。

どちらも個性的で美味しいのでぜひお試し下さい。

 
 
 
 

2017・4月ごろの料理

お花見も終わりゴールデンウイーク前のひと休みなこの時期、お客さん減るんだよね~。
特に平日。
おいしいもの用意してますのでぜひご来店下さい!

というわけでとりあえず最近始めた“アンチョビガーリック炒め”シリーズからご紹介。
 
●【春キャベツとシラスのアンチョビガーリック炒め】600円。

他に【菜の花とホタルイカのアンチョビガーリック炒め】と【加賀蓮根とブロッコリーのアンチョビガーリック炒め】があります。
 
 
●さらに【タコとキノコのアンチョビガーリック炒め】が新登場です。800円。

  
 
●春巻きシリーズには【男の肉味噌クリーム春巻き】が追加されました。けっこう辛いです、3本800円。

 
 

●【ハタハタの天ぷら(骨せんべい付き)】700円。
これはいいですよ。かなりいい。

ちなみにこの時期の天ぷらには桜風味の塩を添えています。
 
 
●水魚(みずうお/げんげ)のお吸い物、400円。

まるごとコラーゲンみたいなお魚です。
 
 
●お魚といえば、【お魚ステーキ】、1000円。

ちょっと出遅れた感はありますが、いわゆる“スキレット”を使った料理です。
 
 
●土日祝のランチタイム限定メニュー【昼飲みセット】は1000円でサラダ風前菜と500円までのお酒(生ビール、グラスワイン、ハイボール、日本酒など)一杯のセットです。

  
●これも土日祝のランチタイム限定メニュー【揚げた魚と野菜のあんかけ】800円。

●【一杯のカキそば】800円。
これはもう昭和の人なら必ず知ってる『一杯のかけそば』のもじりから生まれた料理です(笑)。

 
 
●最後は【自家製ジェラート】で仕上げましょう。300円。

フレッシュなオレンジとキウイとイチゴ、チョコチップを散りばめてリッチでさわやかなジェラートです。

 
★単品、アラカルトの他に、コース料理もございますのでよろしくご検討のうえご来店お待ちしております。